社員が大切に思っているものを大切にする会社でありたい

株式会社エムステージ 広報・人事  関矢 瑞季さん

「持続可能な医療の実現」をミッションに掲げ、日本医療が抱える諸問題を解決するために医療業界に関する事業を展開している株式会社エムステージ。医師の人材紹介事業から医療機関の経営支援サービス、一般企業への産業医紹介事業なども行っています。

そんな株式会社エムステージの女性活躍や支援制度について、広報・人事を担当されている関矢さんにお話を伺いました。

医療業界の発展、ひいては全ての人々の健康のために

ー事業内容を教えてください

弊社は「持続可能な医療の未来をつくる」というミッションを掲げ、医療費の増大や医療従事者の人材不足といったさまざまな医療に関する社会問題を解決し、医療・ヘルスケア市場の成長を支援する会社です。

創業時は医師の人材不足の解消・労働環境の改善というところに着目し、医師の人材紹介事業から始まり、現在は医療業界に関する事業を多角的に展開しています。医療機関向けの経営支援や採用支援、さらには一般企業などへの産業医の紹介から働く人々の健康のサポートにも取り組み、時代の流れに沿って事業を展開しています。

ー具体的にはどのような動きがあるのでしょうか

産業医の紹介事業では、一般企業の気付きを促すためにセミナーを開催しています。また、『サンポナビ』という産業保健関連の情報サイトを立ち上げ、労働者のメンタルヘルス対策情報を提供する場を設けました。

いずれの事業展開も「持続可能な医療の未来をつくる」という軸からは外れていないんです。産業保健の支援を始めたのも、労働者の健康を確保することで医療費が削減され、日本医療の持続に繋がっていくと考えているからです。

そういった医療業界の先のビジョンを考え、事業展開をしていこうとしています。

キャリアプランやライフステージに対して柔軟に対応してもらえる環境

ー御社で活躍されている女性と、その環境について教えてください

10年ほど弊社に所属している女性社員がいるのですが、自身のライフステージやキャリアビジョンをしっかりと考え、それに合わせてどんどん働き方を変えているんです。最初は営業事務の役割であるクライアントサポートというポジションで入社したのですが、「もう少し前線で営業がしたいな」と自身のキャリアビジョンが変わったタイミングで希望を出して異動するなど、自分のキャリアに沿って歩んでいる彼女は、弊社の象徴でもあり、活躍している女性の1人だと言えますね。

女性の「働きたい」という思いや希望に対し、柔軟にポジションを割り当てていくという会社の姿勢もあり、キャリアだけでなくライフイベントも含めて自分の人生プランをサポートしてもらえる環境だといえますね。

ー女性活躍支援のための制度などはありますか

女性に対してだけではなく、どんな社員でも利用できる制度がたくさんあります。例えば、FA制度という、入社1年目以上ならば希望の部署に異動願いを出せる制度や、育児・介護に従事している人のための時短勤務制度などもあり、自身のキャリアと柔軟に向き合っていけるようになっています。現在も産休・育休中の方が3名おり、これから入社してくる若い世代の人たちも安心して仕事ができる環境を作っています。

事業としても、女性医師のためのワークライフ応援ウェブマガジンをやっていて、キャリアウーマンの代表ともいえる女性医師の仕事や人生に関するエピソードを掲載しています。全国の女医さんたちと共に作り上げているメディアで、医療業界の女性支援もしております。

大切なものを失わずに働ける環境を見つけてほしい

ー働く女性へのメッセージをお願いします

女性活躍が推奨されてきたとはいえ、やはりまだまだ世の中は男社会なんですよね。「女性だから」って言われることは減ってきましたが、やはり女性のほうがライフステージで見直しを図らなければならない状況は多いですし、生物学的にも区切りが男性よりも多いということは事実です。

そんな中、自分の目指すキャリアを諦めないということも大切だと思いますが、そのキャリアを実現できる会社を探していくことも重要だと思っています。バリバリ働くにせよ、プライベートに重きを置きながら働くにせよ、そのための環境を柔軟に整えるのが企業の務めであり、自分にあった場所を探すというのが個人の務めだと思っています。女医さんの働き方を支援していく中で、そういったことを強く感じるんです。

自身が大切にしているものに対して、それを一緒に大切にしてくれる企業を探し、それぞれの大切なものを見失わずに働ける環境を見つけていってほしいと思いますね。