ライフステージに応じて柔軟な働き方ができる会社を目指す

株式会社保険見直し本舗 執行役員総務人事部長  大塚功一さん

お客様にとって最も良い保険を提案することを心がけている保険コンサルティングの株式会社保険見直し本舗。お客様の状況やご要望に合わせて最適な保険をご提案するサービスを提供しています。

そんな株式会社保険見直し本舗の事業内容や女性社員への想いなどを、執行役員総務人事部長の大塚さんにお聞きしました。

お客様のニーズを満たす保険コンサルティング

ー事業内容を教えてください

数多くの保険商品の中から、お客様が最適な保険を選ぶためのアドバイスをしています。一般のお客様が、発売されている全ての保険を調べて比較することは大変ですし、なかなか難しいと思います。当社では「どんな保障が必要なのか」「どんなリスクに備える必要があるのか」「問題に対応できる保険は何か」など、各保険の商品特性とお客様のニーズの両方を適切に把握し、いくつか推奨商品をお示ししながら、適切な保険を選んで頂くお手伝いをしています。

ー事業への想いを聞かせてください

保険という商品は、万が一のリスクに備えるため、世の中に必要なものだと思っています。でも、実際にどの保険に入ったらいいのか分かり難いですよね。たくさんの保険の中から、リーズナブルで相応しい商品を自分で選べるような環境、つまり、比較サイトのようなものが保険にもあったら皆さんに喜んでいただけるのではないか、と考えて始めたのがきっかけです。「保険を比較する」というところから始まり、色々なニーズに対応していく中で、今のような対面でのスタイルになりました。

当社は代理店であり、自社商品というものがあるわけではありません。そのため、お客様に信頼していただけるような質の高いコンサルティングが必要不可欠です。お客様ひとりひとりに対して、それぞれの保険の特徴などを適切にアドバイスし、満足していただけるよう、今後も努力を続けていきたいと考えています。

優秀で経験がある女性を採用し続け、今では全体の85%が女性

ー現在の社員の男女比、女性管理職の割合はいかがですか

パートも合わせた従業員全体の85%が女性です。正社員だけでも7割が女性です。でも女性管理職はまだまだ少なくて、現在、女性活躍の計画として『女性管理職を20%にする』という目標を立てています。

女性は男性よりもライフイベントによる影響が大きい状況にありますので、仕事と家庭、どちらもしっかりと役割が果たせるような、働きやすい仕組みを会社がつくるということがまず第一ですね。その上で、意欲のある女性社員が、例えば「普通」に管理職になれるような風土へと変えていきたいと思っています。管理職ということで言えば、実際のロールモデルとなる女性管理職がある程度いないと説得力がないので、そのような人材を今後数多く輩出していきたいと思っています。

ー女性社員が多い理由は何でしょうか

中途採用が多いということが挙げられると思います。経験者を採用していったところ、保険の営業経験者は女性が多いので、自然に女性が増えたという感じです。それに紐付いて、時短勤務や産休・育休制度の整備を進める過程で、女性が働きやすい職場環境ができていき、その結果、さらに女性が増えていきました。

バランスを考え、キャリアが途絶えることがない会社に

ー働く女性へのメッセージをお願いします

女性は男性と比較しても、置かれている環境によって、仕事・家庭におけるその関わり方、いわゆる「重心」を大きく変えなくてはならないことが多いと思います。若い時は仕事優先でバリバリ働いて、色々な経験を積んで…と思う人でも、その後の結婚・出産・育児などのライフイベントによって、軸足をずらす必要が出てくるかもしれません。そのような時に、いかにそのバランスをとるかが大切だと思います。いわゆるワークライフバランスですね。

結婚や出産などで仕事の比重が変わったとしても、優秀で意欲がある人が辞めてしまうのは会社にとって大きな損失です。キャリアが途絶えることなく、その人のライフステージによって柔軟な働き方が選べ、それを許容できる会社でありたいと思っています。