ライフイベントがあっても自分に合った環境で働いてほしい

株式会社MUGENUP 代表取締役  伊藤勝悟さん

株式会社MUGENUPは、自社開発の システムを通して国内外のクリエイターと共に2Dイラストや3DCG、広告映像など、様々なクリエイティブを制作しています。

そんな株式会社MUGENUPの代表取締役である伊藤さんに、事業内容や女性の働く環境についてお話を伺いました。

『創ることで生きる人を増やす』

ー事業内容を教えてください

事業の中心は2Dイラストの制作ですが、そこから派生して、3DCGや広告映像の制作、クリエイティブのプロジェクト管理ツールの提供なども行っています。

どうしても共働きをせざるをえないという人たちが多い今の時代、テクノロジーやシステムの力によって、クリエイターが働く環境の課題を解決したいと考えています。弊社の事業は在宅での業務として行うことができるので、そういった問題の解決に貢献していると考えています。社会がどんどん進んで、テクノロジーも進歩するほど、働く場所や時間に関する数多くの問題が解決できるようになると思っていますし、それを私達が体現していきたいと考えています。

ー御社の強みは何ですか

弊社は、アートディレクターやイラストレーターが社内に在籍しており、外部のクリエイターといっしょになってクリエイティブを制作しているため、クオリティと量とスピードの全てに対応できることが一番の強みだと考えています。
また、自分たちで制作することを通して発見した課題を元に、その課題を解決するためのサービスを開発するといった活動ができる部分も、強みだと考えています。

自分のスタイルのまま働ける

ー全体の69%と、女性が多く活躍している理由は何ですか

美大の卒業生には女性が多く、弊社で採用している社員も美大出身者が多いということが一番の要因です。また、結婚や出産をしたり、地方在住であっても、在宅勤務という形で働けることも大きな理由ですね。 社員に女性が半数以上いるからこそ、人事のトップも女性を配置して、女性が働きやすく相談しやすい環境を整えています。

ー産休・育休からの復帰についていかがですか

職種にもよりますが、弊社の業務は在宅でも可能なものも多いため、産休・育休中に在宅勤務で環境を整えて、徐々に会社に戻ってこられるように調整しています。弊社としては、『創ることで生きる人を増やす』ことを目指しており、妊娠・出産となった場合に、その人の人生を一気にガラッと変えずにすむよう、仕事の環境も創りたいと考えています。それもあって、結婚や妊娠・出産で辞めるという社員はほぼいません。

ー働く女性へ向けたメッセージをお願いします

やはり重要なのは、自分のライフスタイルや生活ステージの変化に合わせて働ける環境を選ぶことだと思います。ぜひ皆さんには、自分に合った環境を見つけていただければと思いますし、私達も様々なライフステージに合わせた働く環境を創っていきたいと考えています。経験をつんだスキルの高い人が長く在籍して働いてくれるというのは、会社としてもうれしいことですし、妊娠・出産で一度休んだとしても戻ってくることができる、そういう働き方ができる会社のほうが、皆さんにとっても、社会にとっても、いいことだと思います。