仕事と家庭、どちらでも幸せを手にしてほしい

株式会社アクア 代表取締役社長  原田弘良さん

CM絵コンテの制作を通じて多数のCMを世に送り出している株式会社アクア。ビジュアル制作の確かなクオリティとノウハウで、様々なコンテンツをメディアに展開しています。

そんな株式会社アクア代表取締役社長原田さんに、女性がいきいきと活躍できる制度作りについて聞きました。

ビジュアルを通して人々に活力を与えられるような会社を目指して

ー事業について教えてください

私たちは、イラストやビジュアルが重要な企画を得意とする総合広告制作会社です。テレビCMの絵コンテや、LINEのスタンプやスマホゲームのビジュアルも手掛けていますが、最近ではデジタル事業にも進出してします。『アクア式』というアニメ制作会社さんのような分業制の方式を取り入れて、高いクオリティでご提供できるというのが強みですね。
また、当社は広告代理店としても機能しており、今後は制作会社としてだけでなく、媒体の方もビジュアルを中心に展開していくつもりです。

ー今後の展望について教えてください

アクアはこれからも、急成長・急拡大の路線でして、2019年から2020年での上場に向けて準備をしている状況です。アクアの作品を様々な媒体で目にしていただくことが増えていますので、例えば学生の皆さんが社会人になって若手として頑張っている時に、テレビや街角でアクアの広告を目にして生きる力を得られるような、そんな力を皆さんに与えていくような会社になりたいですね。

出産子育てを見据えた多様な制度

ー御社は女性比率が高いですが、その理由は何ですか

昔は営業社員が少なく制作社員が多い環境だったのですが、制作部門にいる美大出身の社員は女性が多かったので、女性比率が特に多かったです。現在の比率は、ちょうど5対5くらいです。 

女性を支える制度としては『ママさんチーム』というものがあります。制作部隊の正社員でできたチームですが、出勤は週1日だけで、それ以外の4日の勤務は在宅勤務です。制作の手元仕事ですが、子育てで日中は忙しいので、子供を寝かしつけた後の時間などに本人次第で働いてもらっています。また8、9年前から『アクア外注』という制度もあり、アクアの卒業生として、結婚・出産後もアクアに関わってもらうという働き方も用意しています。会社としてもぜひ色々なやり方で末長く活躍してもらいたいと思っていますよ。

ー新卒社員も女性が多いですか

新卒に関しては意欲がある女子学生が来るというありがたい状況が続いています。いわゆるキャリアウーマン志向を持ちつつ結婚や子育てを考えている人がほとんどです。新卒の入社研修というか社長研修をやりますが、私の研修では、最後に自分の夢を語らせるのですね。どんな夢でも当人の夢なので否定せず「いいじゃないか、頑張れよ」と声をかけています。

仕事と家庭のどちらかに偏らず、幸せを手にしてほしい

ー働く女性へメッセージをお願いします

結婚・出産は、女性の幸せにおける仕事以外の部分、つまり人としての部分を形づくるわけですから、仕事だけであってほしくないですね。ぜひ子供を育てながら、何らかの形で仕事でも成果を出しながら生きていってほしいと願っています。逆に仕事だけに傾倒して、結婚・出産に関する事で後悔してほしくないですね。男性、女性に限らず、全ての幸せをゲットして欲しいというのが私の願いです。