ダイバーシティが企業をプラスに変える

EY Japan Country Managing Partner  辻幸一さん(Koichi Tsuji)

アシュアランス、アドバイザリー、税務およびトランザクション分野のプロフェッショナル・ファームであるEY Japanは、テクノロジーの進化やグローバライゼイションなどによる複雑化・多様化する企業のビジネスを支援するために、高品質で総合的なサービスを提供しています。

ダイバーシティマネジメントを強く推進するEY Japanの辻さんに、女性が活躍することにより得られた効果と、さらなる活躍推進のための戦略をお聞きしました。

EY Japan — a professional firm providing assurance, advisory, tax and transaction services — delivers high-quality one-stop services to support the businesses of its client companies, which are becoming more complex and diverse as a result of technological advances and globalization.

We asked Mr.Tsuji, EY Japan, which actively encourages diversity management, about the impact of women playing an active role in the workplace, and strategies to further accelerate the contributions of women.

ダイバーシティの中にインクルーシブな視点を
Fostering an inclusive perspective within diversity

ー事業について教えてください
ーPlease tell us about your firm’s business.

EY Japanは公認会計士や税理士、弁護士など、様々な専門家で構成されるプロフェッショナル・ファームです。2017年1月、EYのグローバルネットワークとの連携を強化し、提供するサービスをより一体化・高度化することを目的に、組織再編および事業改革を行いました。

私たちは「Building a better working world」を理念として掲げ、企業の財務諸表に信頼性を付与する監査はもとより、税務サービスや各種アドバイザリー業務の提供を通じてクライアントの経営課題の解決を支援し、より良い社会の構築に貢献することを目指しています。

EY Japan is a professional firm comprised of a broad range of professionals, including certified public accountants, tax accountants and lawyers. In January 2017, EY Japan restructured its organization and carried out business reforms aimed at strengthening its alliances within EY’s global network and further integrating and enhancing services.

Under our tagline “Building a better working world,” we are committed to contributing to building a better society by providing support in resolving management issues faced by our clients through audit services that give credibility to client company financial statements as well as our tax services and broad ranging advisory services.

ー多様な人材確保のために重視していることはありますか
ーWhat do you emphasize when recruiting diverse talent?

私たちは「D&I(Diversity & Inclusiveness)」を重要な経営戦略と位置付けています。ダイバーシティとは「違い」のこと、インクルーシブネスとは、組織として優れたパフォーマンスを発揮するために「違い」をうまく活用することです。ダイバーシティとインクルーシブネスでは、後者がより重要です。そのため、私たちは、女性のみならず、外国籍、LGBTあるいは障がいのある方々など、その属性にかかわらず、一人一人が尊重されていると感じられる職場づくりに注力しています。多様な人材の集まるEYが、ひとつのファミリーであるという文化を醸成していくことがとても大切だと考えています。

Diversity & Inclusiveness (D&I) is one of our principal management strategies. Diversity refers to “differences” while inclusiveness refers to effectively utilizing these “differences” to drive exceptional performance as an organization. Inclusiveness is a crucial part of D&I. For this reason, we strive to create an environment where all our people feel, and are, valued regardless of gender, country of origin, sexual orientation or disabilities. I believe it is very important to continue to foster EY’s culture of bringing together diverse talent as one family.

女性は効率性と透明感のある企業風土づくりに不可欠な存在
Women are an integral part of cultivating effective and transparent corporate cultures

ー女性を積極的に活用するメリットをどのようにお考えですか
ーWhat do you think are the benefits of proactively utilizing the talents of women?

EYの女性たちは、世界各地でとても効率的に仕事をしています。女性は、出産や子育て、介護などの制約を抱えながらパフォーマンスを出さなければならないシーンが多いこともあり、極めて効率的に、スピード感を持って仕事をしています。また、その女性たちがいるだけで職場の雰囲気が明るくなり、透明性が向上する場面を私自信が何度も経験しています。女性の能力やライフスタイルが私たちの企業風土にとても良い影響を与えていると感じています。

The women at EY work effectively and efficiently in all corners of the globe. Many women are often faced with the need to deliver results at work while at the same time fulfilling family commitments such as childbirth, child care and nursing care, but are able to efficiently and quickly complete their work. I have experienced over and over again that the presence of such women alone creates warm work environments and increases transparency. I feel that the abilities and lifestyles of women have a very positive effect on our corporate culture.

ー女性を採用するために何を考えるべきですか
ーWhat should be considered when recruiting women?

女性が活躍することで企業風土が良くなり、効率化も進み、利益をもたらすことがわかってきたので、次はさらに活躍が広がるように、快適に働ける環境をどのように提供できるか、ということを考えています。私たちが目指している企業風土は、職員一人一人の高い意識に支えられています。自分のライフとキャリアのために「新しい分野の業務に挑戦したい」「こういう制度を導入してほしい」という声も正々堂々と上げられる透明性の高い組織運営を行い、輝く女性をより多く採用したいです。

Since the participation of women improves corporate cultures, promotes efficiency and brings about benefits, the next step is to think of ways to create comfortable work environments so that the role of women can be expanded. We aim for a corporate culture that is supported by a high level of awareness by every one of our people. We want to put in place a highly transparent management structure so that our people can openly express opinions (such as “I want to challenge myself in a new area of work” or “I want the firm to adopt this kind of program”) to enrich their lives or develop their careers, and we want to recruit even more talented women.

企業利益のためにコミュニケーションを牽引していく存在に
Women drive communication to benefit companies

ーキャリア女性へメッセージをお願いします
ーPlease give a message to career women.

女性にはこれからもっともっと活躍してもらいたいと思います。この数年で働き方もさらに多様化するでしょう。時代は変わっても、コミュニケーションはどの時代においても重要です。過去に様々な課題に直面されたキャリア女性のみなさんは、そのときの経験も踏まえて次の時代の女性たちとも積極的に議論してほしいと思います。女性が組織や社会にどのように貢献し、利益創出していくべきかについて、もっと堂々と話し合い、社会を牽引してほしいと考えています。

I want to see even greater involvement of women in the workplace. Over the past few years work-styles have also diversified. Even as times change, the importance of communicating remains constant. For those career women who have faced numerous challenges and adversity in the past, I think it is important for them to actively try and discuss their experiences with the next-generation of women. I would like to see more women have open conversations about how they can contribute and bring benefits to organizations and society. Women should become the driving force behind our society.