不動産事業で日本を世界一豊かに

いちご株式会社 常務執行役 総務人財本部長  村井恵理さん

2016年に経営理念を、『日本を世界一豊かに。その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」』と新たに策定したいちご株式会社。「心で築く、心を築く」という信条のもと既存不動産に新しい価値を創造する”心築”機能を軸とした事業モデルを展開しています。

いちご株式会社の事業に対する思いや、社員活躍のための取り組みについて、総務人財本部長の村井さんに伺いました。

心築事業を強みにして、日本を豊かに

ー御社の事業内容を教えてください

不動産を主軸にした事業をしており、大きく分けると柱は3つあります。1つ目はJ-REITやインフライールドコ(YieldCo)の運用等のアセットマネジメント事業、2つ目は既存不動産に新しい価値を生み出す心築事業、3つ目が太陽光発電を中心としたクリーンエネルギー事業です。

一番特徴的なのは、建物を壊すのではなく、既存の建物に付加価値を与えていく心築事業です。不動産の持つ本来の価値を生かし、遵法性や耐震性の適正化や、環境化、省エネ化を始め、ソフトとハードの両面において価値向上を行います。サスティナブルな社会が求められる中で、そのような考え方を不動産にも応用できるのではと考えました。一つ一つ丁寧な、心をこめたバリューアップが心築であり、弊社の強みですね。

ー事業に対する思いを教えてください

商号の「いちご」は「一期一会」から来ており、千利休が説いた茶人の心構えに由来しています。さらに、前期より「日本を世界一豊かに」という経営理念を掲げています。

弊社の会長も社長も、企業の存在価値は社会貢献だと常日頃から言っています。経済的な豊かさと同時に、心の豊かさにおいても、日本の皆さんが世界一豊かになれるよう、事業活動を通じ貢献していきたいと考えています。

「日本一チャンスが溢れる会社」を目指す

ー女性活躍のための取り組みはありますか

弊社では特に男女で区別はしていません。いちごには、社内ベンチャーから中核事業となった会社もあり、元々、チャレンジする人を経営メンバーが応援する環境が整っています。現在、働きがいの向上を中期経営計画の重点施策の1つに掲げていて、「日本一チャンス溢れる会社」を目指すとしています。やる気のある人は男女問わず積極的に登用するという会社の方針があるので、自然と女性が活躍できるのではないかなと思います。

しかしながら、ライフスタイルの変化に応じた勤務形態の選択を可能とする支援体制は必要と考えおり、男女問わず、理由を問わない短時間勤務制度を3年前から取り入れています。また、2年間の育児休業が取得可能のほか、保育・介護施設の一時利用の補助や、子の看護休暇の取得制度といった制度があります。女性が働き続けられるためのサポートは充実しており、現在、出産後の復職率は100%となっています。

ー女性活躍に関して課題はありますか

社員の男女比率と同様程度に女性管理職数を増やしていくことが課題だと考えています。弊社は男女を問わず活躍のチャンスがある環境なので、自然に増えていくとは思っているものの、“能力は持っているけれど、自ら手を挙げる自信のない人”も少なくありません。そういった成長の可能性のある人財を見落とさずチャレンジへの第一歩を後押しするにはどうすればいいかということは常に考えいています。

柔軟な発想で、与えられたチャンスはとりあえずやってみる

ー働く女性にメッセージをお願いします

働く女性にとって悩むことも多いと思います。これから結婚したら、子どもが生まれたら、と不安なことも多いけど、それで仕事を辞めたいとは思ってないはずです。企業は優秀な人材を確保するために今までとは変わらなければいけない時代であり、サポート体制を整える努力を惜しんではいけないと思っています。

そのような環境において、働く女性は、諦めないことと、柔軟な気持ちでいることが大切です。こうでなければいけない、ということはないので、チャレンジができる機会があれば、柔軟な発想でチャレンジしていってほしいと思います。

働き続けていると、思ってもみなかった方向に進むこともあります。私自身もマネジメントをやりたいと率先して手を挙げるタイプではありませんでしたし、自分には無理だと思っていました。しかし周囲のサポートにより「とりあえず私なりにやってみよう」と一歩を踏み出して実際にやってみると、今まで見えていたものと違うものが見えたり、新しい楽しさに気づいたりと得るものの方が大きかったと実感しています。皆さんも、もし新しい一歩を踏み出すチャンスを得た時には、「私には無理です」と逃してしまう前に、「とりあえずやってみる」ことをお勧めします。