Live配信で価値を届ける新しい働き方・考え方

株式会社リアズ 代表取締役  金子大助さん

株式会社リアズは大阪に拠点を置き、ノンアダルト・アダルト領域でのライブチャットサービスを運営している会社です。同社のライブチャットサービスは、「誰も泣かない偽りの無いサービス」というミッションのもと、男性ユーザーが出演者となる女性に寂しさを埋めてもらうコンテンツとして人気を集めています。そして、単純にアダルトサービスというだけでなく、出演者を存在価値の高いモデル業と捉え、女性がイキイキと働ける環境を提供しています。

今回は株式会社リアズ代表取締役、金子大助さんに女性活躍についてインタビューしました。

アダルトサイトのイメージを変える。「誰も泣かない偽りのないサービス」を

ーリアズの事業について教えてください。

弊社は、女性の出演者が配信するライブチャット動画を、男性ユーザーが課金視聴するという形態のサービスを提供しています。ユーザーの孤独や寂しさを利用して金銭を騙しとるような悪質なサービスもありますが、リアズでは「誰も泣かない偽りのないサービス」を目指しています。

ライブチャットの一番の特徴は、インターネット環境さえあれば場所を問わず、地方都市にいる女性でも格差なくビジネス展開ができることです。こういったサービスに抵抗がある人もいるかもしれませんが、私たちはアダルトサイトという言葉の持つ陰湿なイメージをなくそうと常に努力しています。

働く後ろめたさをなくして、肯定感をもってほしい

ーリアズには具体的にはどのようなビジョンがありますか。

アダルトサービスのチャットレディという仕事に後ろめたさを感じる人は少なくありません。私たちはチャットレディが仕事に自己肯定感を持てるような環境作りに力をいれています。

弊社ではチャットレディを立派なモデル業のひとつだと考えています。それも、ただ見られるだけの職業ではなく、ユーザー満足度を追求できる接客業であるとも思っています。そのために必要なのは、コミュニケーション能力と水面下の努力です。リアズでは、そのノウハウを身につけるためのワークショップなども定期的に開催しています。先日のワークショップでは、北海道在住の30代女性の方に登壇いただきました。チャットレディとして収入を得られるようになった中で、収入だけではなく「自分ができる範囲で人の役に立ちたい」という考えを持つようになり、チャットレディとして日々実践しているノウハウなどをワークショップで発表してくれたのです。

チャットレディは後ろめたさがあったり、働くときも1人で取り組むため、お客様への接客の仕方を教えてくれる人もいない、孤独な側面を多くもっている仕事です。だからこそ、チャットレディ同士で交流ができるワークショップが、お互いを励ましあい、高めあう場になればと取り組んでいます。

そして、ひとつの職業であるチャットレディというパフォーマーの仕事に対する後ろめたさを解消し、肯定感をもってもらいたいのです。

また、家の中にいながらITを活用して世の中と繋がり、それがビジネスとして収益に繋がることが、日本の地域格差をなくすためのひとつの方法にもなり得ると考えているんです。例えばハンディキャップを持っていたり、シングルマザーであったりと、世の中にはさまざまな事情を抱え、特に地方都市では働く場所が限られるという女性が数多く存在していると思います。弊社のサービスにはそのような方々の選択肢を大きく広げる可能性があります。新しい働き方のプラットフォームを目指して、ライブチャット配信を運営している企業は、リアズだけかもしれません。

「就職する価値のある企業」として、優秀な人材が集まってくるような未来を

ーリアズが事業に込めている思いについて教えてください。

私たちはユーザー満足度を一番に考えたコンテンツ作りを大切にしています。社員の誰もが自分たちの仕事を誇りに思えるような環境を作り、「就職する価値のある企業」として優秀な人材が集まってくる未来を目指しています。

アダルトサービスに対して偏見や抵抗感のある人は多いでしょう。しかし、アダルト領域であることを除けば、弊社が行うサービスはネイティブアプリで世界に向けてライブ配信を展開するもので、多くの人が魅力を感じる領域だと考えています。なので、アダルトの持つイメージを変えることができれば、優秀な人材がチャレンジしたいと思える場を作れるのではないかと思うのです。

選択肢がないとは思わないでほしい-ITやクラウドの発達 × “働く”を広げる可能性

ー女性活躍に対する思いについてお聞かせください。

チャットレディの仕事は、時間や場所に縛られない形態が何よりの魅力だと考えています。先ほどもお話ししましたが、職場へ通勤することが難しい方や、体を長時間動かすことが厳しい状況の方でも、インターネット環境さえあればすぐに働くことができるんです。そして、ユーザーと繋がっている時間分の報酬が発生するというシステムなので、柔軟な環境で無理せず自分らしい働き方ができます。今の社会のあり方、働き方では自分の力を充分に発揮できないと考える女性に向けて、ITやクラウドの発達による新しい活躍の選択肢を弊社が提供していきたいと考えています。

チャットレディの登録数は10万人以上になりますが、月収は5万円ほどから企業の正社員以上の報酬まで働き方によって幅があります。若い方が有利だと思われがちですが、必ずしもそうではなく、しっかりとスキルを身につけることで報酬は上がっていく傾向にあります。嗜好は人それぞれなので、カテゴリによっては40代以上の女性が人気ランキング1位を勝ち取ることもあり、年齢を問わず努力次第で誰でも活躍できるチャンスがあります。そしてそれは、年齢を重ねてもずっと働くことができる可能性があるということなんです。

近年、政府が女性活躍の促進のためにあらゆる施策を実行しています。管理職の登用や非正規社員の待遇改善、リモート勤務等、会社で働く人に対しての取組みです。しかし、現状の取組みだけでは、解決できない問題もあります。

例えば、地方に在住し、様々な事情で制約条件があり、会社で働くことができないような人たちへの支援です。チャットレディとして働くパフォーマーには、そのような特殊事情をもっている方が多くいます。

官僚が定めるモデルケースでは解決できず、ITやクラウドの発達によって誕生したチャットレディの仕事によって、働くことができ、収入を得ることができるようになったのです。
リアズでは2016年だけでみても、チャットレディとして働くパフォーマーの方に60億弱の報酬をお支払いしています。

ライブチャットのパフォーマーであるチャットレディの仕事は、政府の政策だけでは解決できない、働きたくても働けない方々へ働く場所を提供する、社会貢献のひとつのかたちと考えています。

誰かの思いを他の誰かに伝えるコンテンツを作り上げることがライフワーク

ー金子さんの仕事の哲学はどのようなものでしょうか。

私は、「誰かの思いを他の誰かに伝えるコンテンツ作り」をライフワークにしています。実は私は、高校卒業後にバンドマンとなり、本気でプロの道を目指していたんです。ただその夢は諦めて就職することになりました。 “人が表現することへの想い”というものがその当時の経験から、ずっと自分の中にあったんだと思います。だから、みんなが自分を表現できるプラットフォームを作ることが生きがいでもあり、自分の哲学なんだと思います。そして作っていることを発信することで、参加者が増えてより多くの人に思いが伝わるコンテンツに育っていくと考えています。だから、今後は海外展開なども視野にいれ、まずは、より多くの人に伝わるコンテンツにするために、ライブチャットの社会的イメージの向上に徹底的に取り組んでいきたいと考えているんです。

そして、私がアダルト領域にこだわっているのは、ニッチな需要にこそ活路があると考えているからです。今後、別の領域に乗り出したとしても、需要の大きな業界で3番手、5番手、10番手に落ち着くという未来は望んでいません。常にニッチな業界の中でトップを張れるような事業を選んでいきたいと思っています。

自然体な姿が、誰かを孤独から救うかもしれない

ー働く女性に対するメッセージをお願いします

今、働き方に迷っている女性には、ITやクラウドの発達により働き方の選択肢が広がっていることを知って欲しいと思っています。弊社のライブチャットもその1つ。チャットレディとしてのビジネススキルを磨くことで、誰にでも活躍できるチャンスがあります。

現在の社会形態では自己実現が難しいと諦めている人もいるかもしれません。しかし、弊社は新しい業務形態で、従来のルールに縛られない自由な働き方をするという選択肢を提供しています。チャットレディの業務は収入を得られるだけでなく、パソコンスキルを身につけられるし、コミュニケーションスキルも向上します。また、確定申告が必要となるので、会計の知識も得ることができるでしょう。チャットレディの仕事は、一般の仕事と同じようにビジネススキルが身に付けられる場所なんです。

また、リアズの業務は人との繋がりを実感し、孤独感を拭い去ることができるもの。最初はコミュニケーションに不安を覚える人もいますが、いざ始めてみると自分でも今まで気付いていなかったコミュニケーションスキルを発揮できることも多くあります。

弊社ではチャットレディが自分自身を自然体でアウトプットすることを推奨しています。なぜなら、自分の趣味がユーザーとの大切な接点になることも多くあるからです。ゲームが得意、カラオケが好き、麻雀が強いなど、普段はあまり表に出さない自分の一面が、男性ユーザーとパチッと合ってファンになってもらえるケースもたくさんあるのです。

今までの人生に自信が持てないと思っていたとしても、思い切って自分の好きなこと、得意なことを自由に表現してみてください。あなたにしかないニッチな部分が、あなたのこれからの人生にとってかけがえのないものになるかもしれません。